清須会議
邦画ランキング:34位

お気に入りに追加

清須会議

制作年:2013年/本編時間: 137 分

誰だ!最後に笑うのは?歴史が動いた5日間。

レンタル料金(税別)

HD(高画質)

対応デバイス

  • PC
  • スマホ

400円/48時間

SD(標準画質)

対応デバイス

  • PC
  • スマホ

300円/48時間

作品詳細

清須会議

三谷幸喜が17年ぶりに書き下ろした小説を原作としつつ、小説とは全く異なるアプローチで臨んだ、初の歴史エンタテインメント。本能寺の変で織田信長が死去した後、織田家の後継者と領地配分を決めるために開かれた、日本史上初めて会議によって歴史が動いたとされる清須会議の全貌を描く。筆頭家老の柴田勝家vs後に天下統一をする羽柴秀吉らによる駆け引きと頭脳戦、そして人間模様を三谷監督ならではの視点で描き切る。

天正10年(1582年)本能寺の変。一代の英雄織田信長が死んだ――。跡を継ぐのは誰か?後見に名乗りを上げたのは2人。筆頭家老・柴田勝家(役所広司)と後の豊臣秀吉(大泉洋)。勝家は、信長の三男でしっかり者の信孝(坂東巳之助)を、秀吉は、次男でおおうつけ者と噂される信雄(妻夫木聡)を、それぞれ信長の後継者として推す。そして、開かれる清須会議――。会議に出席したのは4人。勝家、秀吉に加え、勝家の盟友であり参謀的存在の丹波長秀(小日向文世)、立場を曖昧にして、強い方に付こうとする池田恒興(佐藤浩市)。繰り広げられる一進一退の頭脳戦。様々な駆け引きの中で騙し騙され取り巻く全ての人々の思惑が猛烈に絡み合う!勝家派か?秀吉派か!?

スタッフ

[監督]三谷幸喜[プロデューサー]前田久閑/和田倉和利[制作会社]フジテレビジョン/東宝[原作]三谷幸喜[脚本]三谷幸喜[音楽]荻野清子

この作品を見た人におすすめ

日本のいちばん長い日

終の信託

わが母の記

最後の忠臣蔵

劔岳 点の記

パコと魔法の絵本

シルク

それでもボクはやってない

THE 有頂天ホテル

ローレライ

レイクサイド マーダーケース

アイアムアヒーロー

駆込み女と駆出し男

トワイライト ささらさや

ぶどうのなみだ

青天の霹靂

地の塩

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点

グッモー・エビアン

しあわせのパン

最近チェックした作品

清須会議



PAGE TOP