火天の城

お気に入りに追加

火天の城

制作年:2009年/本編時間: 140 分

信長の夢に賭けた男、支えたのは家族の愛。

レンタル料金(税別)

HD(高画質)

対応デバイス

  • PC
  • スマホ

400円/48時間

SD(標準画質)

対応デバイス

  • PC
  • スマホ

300円/48時間

作品詳細

火天の城

信長に命を受け、空前絶後の巨大建築〈安土城〉築城に挑む熱田の宮大工・岡部又右衛門。知られざる戦国時代の名工にスポットを当て、安土城築城の裏にある無名の男たち、女たちの壮大なドラマを描いた山本兼一著「火天の城」(文藝春秋刊)。第11回松本清張賞を受賞した同名歴史小説が完全映画化! 現在の価格にして、およそ1000億円もの巨費が投じられたという安土城とは、いったいいかなる形で戦国の世にそびえ立ったのか。戦国時代の「プロジェクトX」とも言える、かつてない時代劇がついに誕生!

時に1575年(天正3年)、長篠の戦いで甲斐の武田勢を破った織田信長は、翌1576年、その天下統一事業を象徴するかのごとき巨城を、琵琶湖を臨む安土の地に建築することを決意。設計及び現場の総棟梁として、熱田の宮大工・岡部又右衛門を総棟梁に任命する。「安土の山をまるごとひとつ、三年で城にせよ。」信長から直々の厳命を受け、後に行われた指図(図面)争いにおいても、金閣寺を建立した京の池上家、奈良の大仏殿建造を担った中井一門を破った又右衛門は、妻・田鶴や娘・凛、門下の大工たちの支えを得ながら、徐々に築城を進めていく。しかし、巨大な城を支えるためにはその主柱(大通し柱)に、これまでになく巨大な檜が必要であった。理想の木材は木曽上松にあると踏んだ又右衛門は、意を決して信長の敵方・武田勝頼の領国に危険を顧みず分け入っていく。一方、安土の作事場では新たな戦乱の暗雲が立ちこめ、又右衛門の帰還を待つ大工たちに戦地への出立を余儀なくさせる。さらに妻の田鶴にも病魔が迫っていた。やがて勃発する悲劇的な争い、仲間の死。果たして、又右衛門は信長の野心を現実のものにすることができるのだろうか…。

スタッフ

[監督]田中光敏[原作]山本兼一[脚本]横田与志[撮影]浜田毅[美術]西岡善信[音楽]岩代太郎

この作品を見た人におすすめ

人生の約束

ラブ&ピース

武士の献立

清須会議

遺体 明日への十日間

大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]

ステキな金縛り

はやぶさ/HAYABUSA

探偵はBARにいる

星守る犬

ザ・マジックアワー

自虐の詩

半落ち

ゲロッパ!

真田十勇士

後妻業の女

つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語

クワイエットルームにようこそ

恋の門

阿修羅のごとく

最近チェックした作品

火天の城



PAGE TOP