お気に入りに追加

ホワイトカラー シーズン4

制作年:2012年/全16話/本編時間:60分

競争激化の米TVドラマ界を鮮やかに疾走する『ホワイトカラー』のシーズン4!

レンタル料金(税別)

対応デバイス

  • PC
  • スマホ

1680円/30日間

対応デバイス

  • PC
  • スマホ

スマホはSD(標準画質)になります。

960円~/14日間

対応デバイス

  • PC
  • スマホ

スマホはSD(標準画質)になります。

150円/7日間

  • 1話ずつレンタル
  • セットでレンタル
  • List
  • Grid

第1話 指名手配犯ニール

ニールとモジーは、犯人引き渡し協定がない人知れぬ島で、本名を隠して優雅に暮らしている。ピーターはニールが逃亡直前に会っていたエレンへの接触を試みるが、彼女には証人保護プログラムの壁があった。ニールの逃亡からすでに6週間が経ち捜索は行き詰まる。新たに着任した国際業務担当のコリンズ捜査官は、生死を問わずニールを逮捕しようと鼻息が荒い。さらにコリンズはエレンの居場所も突き止めていた。果たしてピーターとコリンズのどちらが先にニールを見つけられるだろうか。

150円/7日間

第2話 もう1人の指名手配犯

ニール達が潜伏する島に到着したピーターは、ニールがコリンズ捜査官に逮捕されずに、米国へ帰国できる方法に頭を悩ましていた。コリンズ捜査官にはニールの生死に関係なく、ニールを米国に連れて帰る権利がありニールの命が危ない。約束の埠頭にニールが現れず、モジーとピーターは、ニールが助けを求めた島の有力者ドブスのところへ向かう。モジーから島を仕切っているドブスの情報を聞いたピーターは、ドブスがFBIの最重要指名手配犯ロバート・マクリーシュではないかと疑う。

150円/7日間

第3話 友情の代償

ニューヨークに帰ったピーターは島での行動が原因で降格させられ、知的犯罪班から外されてしまう。異動先は証拠品の保管庫。ピーターの異動は自分のせいだと反省するニールは、ピーターの捜査を手伝いたいとチームを任されたジョーンズに申し出る。ピーターが再開したがっていた捜査とは、20年前から5年ごとに窃盗を繰り返している知能犯の未解決事件だ。ニールとジョーンズたちの助けでピーターは密かにFBIから20年逃げ続けている窃盗犯の捜査を始める。

150円/7日間

第4話 万が一のチャンス

インサイダー取引の嫌疑があったコヴィントンが事故死し、妻のソフィーが5000万ドルの保険金を得る。サラが務める保険会社はソフィーが黒幕だと疑い、事故死かどうかを調査していた。サラから協力を依頼されたニールとピーターは、巨額の保険金を受け取った美しい妻の捜査を始める。追悼式の途中に誘拐されそうになったソフィーを助けたことで、彼女の信頼を得たニールは、邸宅に招かれ親しくなっていく。一方、ニールは父の同僚だったエレンから当時の話を少しずつ聞き出していたのだが…

150円/7日間

第5話 危うい交換条件

ケスマン美術館で午後3時に防犯装置が止まる設定になっていたことを突き止めたピーターのチームが犯人を現行犯で逮捕しようと待機している。客を装って館内に入ったニールの正体を見抜いたアビゲイル・キンケイドが犯行を計画していたことがわかった。彼女は既に数件の事件で疑われているが証拠がない。ニールが引退していないと思ったアビゲイルはニールにある取引を持ちかける。その取引を成立させるには、ニールはパスカルのモビールをピーターとFBIの目と鼻の先の所で盗まなければならない。

150円/7日間

第6話 モジーとスパイ伝説

倉庫のオークションでモジーが手に入れたあるアパートの鍵。アパートの部屋に入ってお宝探しをしていたモジーは書斎の本棚の裏に、秘密の抜け道を発見した。そこでモジーは黒ずくめの男に“723”と番号で呼ばれて殺されかける。調査の結果、そのアパートの持ち主は既にこの世を去っているロバート・タウンゼントで、彼は独立戦争中にジョージ・ワシントンが設立した諜報機関、カルパーであったことが判明する。現在もスパイの子孫が活動しているというのは真実なのか。

150円/7日間

第7話 敵は敏腕フィクサー

ピーターは検察側の証人として、連邦検事補のジョシュ・ブライソンに協力してデランシーを不動産詐欺と98の公民権法違反で有罪にしようと画策していた。ところが、ブライソンは、裁判に負けないと彼がデランシーの恋人と関係を持った写真を公表するとランドン・シェパードという敏腕フィクサー(もみ消し屋)に公判前に脅され、裁判で動揺して劣勢に立ってしまう。何としてもシェパードを脅しの現行犯で捕まえ、脅迫を取り下げさせたいピーターとニールはある罠をシェパードにかけるのだが…。

150円/7日間

第8話 刑務所から来たハンター

ニールが古美術窃盗の潜入捜査を行って市警に逮捕された時にアレックス・ハンターの合図が届く。アレックスは、東欧の骨董品を専門に売買している泥棒でニールと親密な時期があったが、ギリシャの刑務所を出所してNYに戻ってきていた。ピーターのチームが古美術を盗み出す窃盗団の捜査を進める中、アレックスの名前が浮上し、彼女が関与しているかどうかをニールが調べることになる。そして彼女に窃盗の依頼をしたのが、ギリシャ観光文化局の事務局長スピテリだということがわかる。

150円/7日間

第9話 ホワイトカラーボクシング

30年前、エレンが保安官局に預けたビデオをニールはピーターとモジーと3人で見る。エレンからの伝言を聞いたニールとピーターはお互いこの件を誰にも口外しないと誓う。一方、ピーターのチームは、証券取引委員会の依頼でインサイダー取引を調べている。そこでピーターは首謀者と思われる証券会社経営のエリック・ダナムと認識のあるニールを、当時のニック・ホールデンとして送り出す。そこでニールは証券マンたちがインサイダー情報を得るためにボクシングをする“ホワイトカラーボクシング”の存在を知る。

150円/7日間

第10話 近くて遠い2人

FBIの各局の優秀者だけが招かれる会議で初めて、監督者と情報屋の関係が取り上げられることになり、ピーターとニールがセミナーで話すことになった。その会議の途中、警備上の問題が発生し、何者かが会議で発表される捜査で使うハイテク機器の情報を得ようとしたことがわかる。捜査に協力することになったピーターたちはセミナーに潜入した偽の捜査官を泳がせスパイ行為を含め複数の重罪に問おうとする。一方、ピーターはニールの父親とかつて同僚だったサムのことで新たな真実を発見する。

150円/7日間

第11話 ファミリービジネス

警察と癒着していたマフィア、フリン・ファミリーのボス、デニス・フリンは獄中で死んだが、息子のデニス・フリン・ジュニアがファミリーの再建を目指していることが分かった。ニールの父の元同僚エレンを殺したのも彼であったことが分かる。ピーターのチームは、フリン・ファミリーの家業である偽造酒の販売でジュニアを逮捕しようとする。そこでニールがシャクルトンのウィスキーの偽造酒を本物に限りなく近く作ることができる偽造者として潜入捜査をすることになったが…。

150円/7日間

第12話 動き出した黒幕

ピーターとニールはデニス・フリン・ジュニアをDCへ移送することを命じたテレンス・プラット議員と、ニールの父をはめた汚職警官との関係を捜査する。NYに滞在中の議員を監視する許可を極秘で得たピーターのチームは、議員が不動産開発業者のエドワーズと密会していたことを突き止める。議員の汚職を暴くため、ニールが建築家としてエドワーズの会社に潜入することになる。一方、議員を探ったピーターの車のブレーキに細工がされ、ピーターは事故に遭い意識不明になってしまう。

150円/7日間

第13話 眠らぬエンパイア・シティ

エレンが残した鍵に隠された場所を探すため、ニールとモジーはタクシーを走らせ、鍵のシルエットに隠されたマンハッタンの街並みがどこかを探していた。偶然出会ったタクシーがモジーと同じタクシー番号を持っていたことから、合法的にタクシーの免許を買ったモジーの免許証が偽造免許だとわかり、モジーはピーターに捜査を依頼する。捜査を進めるうち、偽造免許で儲けた金をジャズクラブで資金洗浄している可能性があることがわかり、ピーターのチームはジャズクラブの捜査を始める。

150円/7日間

第14話 夢見る泥棒

サラはマリー・アントワネットをイメージした香水の発売記念パーティーでの警備をニールに相談する。サラが勤める保険会社の保険がアトマイザーに掛けられているからだ。ニールが警備をチェックしている最中、カップルの強盗が現れ、銃をふりかざし白昼堂々アトマイザーを盗み出した。運悪くパーティー会場の外にいたピーターとエリザベスは強盗に誘拐され、夫婦水入らずの休暇を過ごそうとしていた計画が台無しになってしまう。その上、彼らが誘拐されたことは誰も気づいていない。

150円/7日間

第15話 “オリジナル”の意味

ニールとモジーはエレンが隠した証拠が、エンパイアステートビルの50階にあることを突き止める。ピーターは事故に遭った後、エリザベスの頼みでニールがウソをついていたことに気付いていた。その上で、この捜査はニールの父親の無実を証明するだけでなく、プラット議員を裁くことだとニールに告げる。議員が、ヒューズ捜査官をFBIから追放したことをピーターは許せないのだ。一方、ヒューズの後任としてアトランタ支局で知的犯罪班の責任者だったアマンダ・キャロウェイが着任する。

150円/7日間

第16話 すべては箱の中に

エレンが隠した証拠があるエンパイアステートビルをニールがスキャナーで探っていたことを知ったキャロウェイは、FBIが真実を知る必要があると言って、ピーターに捜索の指示を出す。それを知ったヒューズがピーターを呼び出し、FBIより先にニールたちを行かせないとまずい状況になるとアドバイスする。ピーターはニールの父ジェームズとモジーを呼んで、先回りするよう指示する。FBIは2日間で33階から61階の捜索を始めた。果たして、どちらが先に証拠を手に入れることができるのだろうか。

150円/7日間

作品詳細

ホワイトカラー シーズン4

いつもビシッと決めているニール・キャフリー(マット・ボマー)とFBI捜査官のピーター・バーク(ティム・ディケイ)はちょっと変わったコンビ。高い評価を受けているこのシリーズは4シーズン目を迎え、バーク捜査官のFBIにおいての今後の運命はどうなるのか?キャフリーの行方は?そして2人の関係は変わらないままなのか?など、いろいろな謎が徐々に明かされていく。

謎めいた過去が、積み重ねてきた2人の絆に影を落とす? シーズン3で図らずもピーターの前から逃亡することになったニール。そんなニールが再びニューヨークに戻り、ピーターと手を組むことができるのか?冒頭からハラハラドキドキの展開で幕を開けるシーズン4は、これまでほとんど語られることのなかったニールの過去や父親の秘密が明かされていき物語の大きな鍵を握っていく。戸惑いながらも父親の真相を追うニール。だが、そのことがピーターやモジー、エリザベスなど大切な人々を思いも寄らぬ危険に巻き込み、ニールは深い悩みと葛藤を抱えることになる。さらにそこへ、衝撃的な事態が発生。ニールとピーターの信頼の絆が根底から揺さぶられることになるのだ。

スタッフ

[監督]ポール・ホラハン/ステファン・シュウォーツ/ロバート・ダンカン・マクニール/アーリーン・サンフォード/デヴィッド・ストレイトン/ラッセル・リー・ファイン/レニー・ハーリン/アントン・クロッパー/ティム・ディケイ/ジョン・T・クレッチマー

この作品を見た人におすすめ

ホワイトカラー シーズン6

ホワイトカラー シーズン5

ホワイトカラー シーズン3

ホワイトカラー シーズン2

ホワイトカラー シーズン1

マジック・マイクXXL

マジック・マイク

グリーンデイズ

ホーンテッドマンション

パーソン・オブ・インタレスト<ファイナル・シーズン>

パーソン・オブ・インタレスト<フォース・シーズン>

クロッシング・ライン シーズン2

リュック・ベッソン ノーリミット3

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン9

ブロード・チャーチ ~殺意の町~ シーズン1

クロッシング・ライン シーズン1

パーソン・オブ・インタレスト<サード・シーズン>

THE FALL 警視ステラ・ギブソン シーズン1

リュック・ベッソン ノーリミット2

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン8

最近チェックした作品

ホワイトカラー シーズン4



PAGE TOP