• TOP
  • >
  • 洋画
  • >
  • 美術館を手玉にとった男

お気に入りに追加

美術館を手玉にとった男

制作年:2014年/本編時間: 89 分

100点以上の贋作を制作し、それらを無償で寄贈していた稀代の贋作画家マーク・ランディスの素顔を追うドキュメンタリー!

レンタル料金(税別)

HD(高画質)/字幕

対応デバイス

  • PC
  • スマホ

500円/48時間

SD(標準画質)/字幕

対応デバイス

  • PC
  • スマホ

400円/48時間

作品詳細

美術館を手玉にとった男

全米20州、46の美術館を、30年間騙し続けた史上最も善意ある贋作者の実話の物語。MOMAでの勤務経験を持つグラウスマンと画家として活動していたカルマンという美術界にバックグランドを持つ2人のドキュメンタリー作家が監督!アメリカの大手映画レビューサイトRotten Tomatoesで満足度91%!その他、ナショナル・ボード・オブ・レビューのトップ5ドキュメンタリーに選出、2015年アカデミー(R)賞ドキュメンタリー部門ショートリスト選出されるなど、全米で大きな話題となった。

2011年、アメリカの多くの美術館で展示されていた大量の絵画が、贋作であることが発覚した。この事件は極めて特殊な贋作事件で、一人の男が精巧な贋作を100点以上制作し、法外な金額で売ることができるにも関わらず、それらを無償で寄贈していたのだ。男の名はマーク・ランディス。彼は長年にわたり、15世紀のイコンから、ピカソ、マグリット、ディズニーまで、幅広いスタイルの絵画を模倣し続けてきた。そして“慈善活動”と称し、神父など様々なキャラクターに扮して、それらの贋作を美術館に寄贈してきたのだ。騙された美術館は全米20州、46館にものぼった。しかし、美術館職員のマシュー・レイニンガーが、それらの作品群が贋作であるということを発見する。ニューヨーク・タイムズやフィナンシャル・タイムズ、テレビなどのメディアが、このセンセーショナルな事件を大きく取り上げ、ランディスを追いかけた。FBIも捜査に乗り出すが、彼は金銭を一切受け取っていないため、罪には問われなかった。結局、贋作活動をやめさせようとするレイニンガー達を無視して、ランディスは“慈善活動”を続けていた。しかし、レイニンガーの元同僚のアーロン・コーワンが思いついた一つのアイデアによって、彼の運命は新たに動き出す。

スタッフ

[監督]サム・カルマン/ジェニファー・グラウスマン[共同監督]マーク・ベッカー[製作]サム・カルマン/ジェニファー・グラウスマン[撮影]サム・カルマン[編集]マーク・ベッカー

この作品を見た人におすすめ

アメリカン・カオス

フレディ・マーキュリー:キング・オブ・クイーン

ヒューマン・フロー 大地漂流

アラン・デュカス 宮廷のレストラン

ラッカは静かに虐殺されている

写真家ミック・ロック ロック・レジェンドの創造主

アメリカン・ヴァルハラ

マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年

ロナウドVSメッシ フェイスオフ

不都合な真実2:放置された地球

ターシャ・テューダー 静かな水の物語

ラ・チャナ

悪魔祓い、聖なる儀式

J:ビヨンド・フラメンコ

YARN 人生を彩る糸

ディズニーネイチャー/ボーン・イン・チャイナ ―パンダ・ユキヒョウ・キンシコウ―

猫が教えてくれたこと

パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち

ギフト 僕がきみに残せるもの

ぼくと魔法の言葉たち

最近チェックした作品

美術館を手玉にとった男



PAGE TOP