お気に入りに追加

スキャンダル シーズン4

制作年:2015年/全22話/本編時間:45分

“現代の王宮”ホワイトハウスを舞台に繰り広げられるラブ・サスペンス!

レンタル料金(税別)

対応デバイス

  • PC
  • スマホ

3520円/30日間

対応デバイス

  • PC
  • スマホ

200円/48時間

  • 1話ずつレンタル
  • List
  • Grid

第1話  オリヴィアの帰還

オリヴィアが姿を消して2 ヵ月。彼女はジュリアと名前を変え、アフリカのザンジバルタンザニア沖に位置する静かな孤島で、ジェイクと蜜月の時を過ごしていた。そんなある日、ハリソンの遺体が発見されたことを知らせる“差出人不明の手紙”が届く。急遽ワシンンD.C.へ戻ったオリヴィアは彼の葬儀がしたいと願うが、かつての仲間“剣闘士たち”との間には深い溝が横たわり…。一方、2期目に突入したグラント政権は、司法長官に民主党員のデイヴィッドを指名。大統領フィッツの決断に抵抗する共和党員たちの“陰謀”が動き始める!

200円/48時間

第2話  大統領のスピーチ

大統領が年初に行う一般教書演説を明日に控えた朝。敏腕フィクサーに返り咲いたオリヴィアの前に、突然サイラスが現れる。「官邸の仕事はしない」と頑ななオリヴィアにフィッツの話を持ち出し、揺さぶりをかける彼は、強制的に仕事を命じていく。それは、明晩の演説の場に招待した主賓客エリオット夫妻と連絡が取れなくなり、彼らを捜し出せというものだった。共和党としては異例の“銃規制強化”を演説の中心に据えると決めたフィッツにとって、銃撲滅を訴えてきた夫妻の欠席は大きな痛手になると知ったオリヴィアは…。

200円/48時間

第3話  腹心

第2期グラント政権が打って出た“銃規制法”は無事に議会を通過した。ところが、時を待たずにして銃擁護団体から違憲裁判を起こされたばかりか、密かに陰謀を企む共和党全国委員長エリザベス・ノースが裁判の鍵を握るスパークス判事を手中に収めたことから、グラント政権は窮地に追い込まれていく。その頃、オリヴィアは学生時代の友人キャサリンから、家出をしたという義理の娘ケイトリンの捜索を頼まれる。やがて、ケイトリンの居場所を突き止めたオリヴィアたちだったが、その矢先、彼女が射殺されたことを知り…。

200円/48時間

第4話  禁断の火遊び

オリヴィアのもとへパーティー会場で酔い潰れたというフィッツの娘カレンから、助けを求める電話が入る。すぐさま会場へ駆け付けクインと合流した彼女は、ホワイトハウスへ連れ帰す手はずを整え、誰にも気づかれぬようカレンを担ぎ出すと難無くヘリコプターへ飛び乗った。ところがその時、カレンの携帯に忌々しいセックス映像が届く。淫らな姿で男性2人と戯れるカレンの姿を目にしたオリヴィアは「人生で最悪のセックス映像を見た」と激怒。事態の重さを知ったフィッツは、秘密裏に映像を始末するようオリヴィアに頼む。

200円/48時間

第5話  殺人者のバラード

義理の娘ケイトリン殺害容疑で逮捕されたキャサリン。その頃、オリヴィアは彼女の夫の事務所に設置されていた監視カメラ映像から、真犯人とおぼしき“謎の男”を見つけ出す。キャサリンによれば、男は事務所の警備担当ダン・クビアックだという。早速、クビアックの自宅を監視し始めたオリヴィアとクインは、そこでケイトリンの親友が殺される瞬間を目撃する。一方、フィッツは息子ジェリー殺害犯としてジェイクを拘束した。自白を促すために自ら尋問を始めるが、「僕犯人は殺してない。ローワンだ」と訴える彼ジェイクに怒りを露わにし…。

200円/48時間

第6話  無実の男

第40代大統領クーパーが脳卒中で死亡した。息子の悲劇を乗り越えたメリーは、ファーストレディの努めである国葬の準備に意気揚々と向かい始める。そして、クーパーの妻ビッツィーと行動を共にする中で、彼女の優れた政治的手腕に触発され…。一方、オリヴィアは、30年前にクーパー大統領暗殺未遂で逮捕されたレオナルド・カーナハンから「無実を証明して欲しい」との依頼を受ける。無実を裏付ける“重要証拠の銃弾”は「クーパーの頭の中に残っている」と話す彼の言葉を信じ、オリヴィアは遺体を解剖しようと奔走する。

200円/48時間

第7話  傾国の美女

2人の未来にはまだ「希望がある…」とオリヴィアから告げられたフィッツは、彼女への想いを抑え切れずに、毎晩電話を入れるようになっていた。しかし、オリヴィアはジェイクの様子が気がかりで仕方がない。そんなある日、彼女はジェイクの無実を証明するため、重警備施設に収監されているトムを訪ねる。すると、彼は事件の真相を語ろうとはせず、いきなり「あなたを失った苦しみで大統領は死を願っていた」と衝撃的な過去を明かし…。その頃、ホワイトハスでは、政治に目覚めたメリーをエリザベスが巧みに操り始めていた。

200円/48時間

第8話  最後の晩餐

息子ジェリー暗殺の首謀者がローワンだったと知ったフィッツは、ジェイクを重警備施設からホワイトハウスの核シェルターへ移し、今後の対策をオリヴィアと3人で練ることに決める。ジェイクはローワン殺害を申し出るが、オリヴィアから「それは闇に生きる人間のやること」「有罪にできる証拠があるなら教えて。堂々とやるの」と説得されると…。それから数日後、携帯を遠隔操作されていると気づいたエリザベスが、オリヴィアに調査を依頼。やがて、ワームを追跡していたハックが、犯人はサイラスであることを突き止める。

200円/48時間

第9話  殺しのカード

ローワンは逃走し、オリヴィアたちの作戦はすべて失敗に終わった。唯一、B613本部の監禁用の穴からオリヴィアの母マヤが救出されたが、彼女はフィッツたち3人を前に何も話そうとはしない。その上、ローワンの行方を追っていたジェイクが、何者かに命を狙われる危機に直面。犯人のポケットからは“ジェイクの写真入りトランプ”が見つかり…。一方、ついにエリザベスがサイラスへの攻撃を開始。男娼マイケルとの性的関係を示す写真をメディアに流した彼女は、サイラスを首席補佐官の座から引きずり下ろそうとしていた。

200円/48時間

第10話  囚われの部屋

父ローワンから解放され、ジェイクとの夜を楽しんでいたその時、部屋に忍び込んできた“マスクを着けた謎の男”に連れ去られたオリヴィア。その後、注射を打たれて意識を失った彼女は、窓もない“牢屋のような部屋”で目を覚ます。部屋にはエジプトでの取材中に拉致されたという、記者のイアン・マクロードマクロ―ドもいた。「ここで死ぬんだ」「出口はない」と肩を落とす彼を励ますように、オリヴィアは脱出作戦を練り始める。やがて、もはや打つ手はないと諦めた彼女の前に、けたたましい銃声音と共にジェイクが救出に現れるが…。

200円/48時間

第11話  オリヴィアの行方

西アンゴラへの軍事介入を望む副大統領アンドリューから“宣戦布告”を迫られたフィッツは、彼がオリヴィア拉致犯の黒幕と知り「まず生存確認を。君が望む戦争と引き替えだ」と取引を持ち掛ける。すると「宣戦布告して下さい」「拒否すれば殺されます」と、痛々しい姿で告げるオリヴィアの動画が届く。その晩、ハックはアンドリューと不倫関係にあったエリザベスの家へ侵入し、オリヴィアの居場所を教えるよう脅迫。何も知らない彼女はアンドリューのもとへ向かうが、「この戦争は君のアイデアだぞ」と突きつけられてしまう。

200円/48時間

第12話  命のオークション

拉致グループのイアンと取引し、自らを競売にかけると決めたオリヴィア。それは、招待状を持つ者しかアクセスできない“闇サイト”で行われるといい、参加の意志を固めたフィッツはCIA長官から極左ゲリラのセンデロ・ルミノソに取引させることを提案される。その頃、ジェイクはハックが隠し持っていたB613の資金“約20億ドル”を元手に、競売へ参加する準備を進めるが…。一方、サイラスから辞任願の署名を迫られた副大統領アンドリューは、フィッツが愛人オリヴィアのために開戦した事実を暴露すると脅しにかかる。

200円/48時間

第13話  奪還作戦

競売でイランに売られることになったオリヴィアだが、引き渡し場所に着いた彼女はペルシア語でその場を操り、取引を中止に持ち込む。状況を把握したフィッツは安堵も束の間、国の最高機密を知るオリヴィアが敵の手に渡ることを恐れるCIA長官から“オリヴィア殺害”を進言されてしまう。すると、競売が再開されて間もなく、サイラスがフィッツに隠れて“取引現場へのミサイル攻撃”をCIAと画策。やがて、ロシアに買われたというオリヴィアの居場所を突き止めた彼らは、ミサイル発射のボタンを押そうとするが…その時!

200円/48時間

第14話  悲しき銃弾

拉致事件が収束してから2日後の夜。オリヴィアは心に背負った深い傷を忘れるかのように、新たな依頼人のもとへ向かっていた。そこは17歳の少年ブランドン・パーカーが、警官に射殺された事件現場。“白人警官が黒人少年を射殺”と報じられることを恐れた地元警察本部長からメディア対策を依頼されたオリヴィアだったが、ブランドンの父が突如現場に現れ発砲したことから、事態は思わぬ方向に向かい始める。その頃、副大統領の後任選びに躍起になっていたサイラスは、フィッツから「次の大統領はメリーだ」と告げられ…。

200円/48時間

第15話  ディエゴ・ムニョスの証言

メリーの思惑通り、次期副大統領候補には上院議員のスーザン・ロスが指名された。ところが、肝心の会見の場で極度の緊張状態に陥ったスーザンは、下品な高笑いと共に鼻を豚のように鳴らすという醜態を晒してしまう。たちまちメディアの笑いものにされた彼女のイメージアップを図ろうと、アビーは恋人のレオを教育係にあてる。一方、デイヴィッドのオフィスに「夫が政府の秘密組織“B613”で働いていた」という女性が、陳情にやって来る。危機的事態を察したデイヴィッドは、夫の名が“ディエゴ・ムニョス”と知ると…。

200円/48時間

第16話  ヘンタイの王国

ある朝、アビーは恋人のレオから“政界の有力者17人との性的関係を綴った暴露本”が出版されるという情報を耳にする。なんと、その本の中にはレオも登場すると聞き、自分も騒動に巻き込まれると危惧した彼女は、「出版を食い止めて」とオリヴィアに助けを求める。早速、著者のスザンヌ・トーマスの家を訪ねたオリヴィアは、有無も言わさぬ勢いで出版を取り下げることを約束させたが、ほどなくして彼女から300万ドルを要求されてしまう。すると、オリヴィアは本に登場する“17人”に支払わせようと、彼らの正体を探り始める。

200円/48時間

作品詳細

オリヴィアが誘拐され闇のネットオークションにかけられる。その時グラント大統領は!?

ジェイクとのバカンスを中断しワシントンに戻ったオリヴィアだが、かつての仲間、グラディエイターたちは四散し、グラント大統領とも距離が。一方ホワイトハウスでは陰謀が拡大。副大統領による静かなるクーデターが進行する中、オリヴィアは拉致監禁され、闇のオークションに「出品」される。いまや、オリヴィア自身が合衆国最大のスキャンダルとなった!

スタッフ

[製作総指揮]ションダ・ライムズ

この作品を見た人におすすめ

スキャンダル シーズン3

スキャンダル シーズン2

スキャンダル シーズン1

ジャンゴ 繋がれざる者

ダイバージェント

メカニック

ジャスティス・リーグ

SHERLOCK/シャーロック シーズン4

X-ファイル 2016

Empire 成功の代償 シーズン1

HOMELAND/ホームランド<フィフス・シーズン>

ウェイワード・パインズ 出口のない街 シーズン1

HOMELAND/ホームランド<フォース・シーズン>

クロッシング・ライン シーズン2

SHERLOCK/シャーロック シーズン3

リュック・ベッソン ノーリミット3

24:リブ・アナザー・デイ

THE KILLING/ザ・キリング<フォース・シーズン>

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン9

ブロード・チャーチ ~殺意の町~ シーズン1

最近チェックした作品

スキャンダル シーズン4



PAGE TOP