お気に入りに追加

クレアのカメラ

制作年:2017年/本編時間: 69 分

あなたの未来がうつるんです。

レンタル料金(税別)

HD(高画質)/字幕

対応デバイス

  • PC
  • スマホ

500円/48時間

SD(標準画質)/字幕

対応デバイス

  • PC
  • スマホ

400円/48時間

作品詳細

クレアのカメラ

マニ(キム・ミニ)は、韓国の映画会社の社員として、カンヌ映画祭に来ている。女社長ナム(チャン・ミヒ)からの信頼も厚い有能なベテラン社員だ。映画祭も真っ只中、社長からカフェに誘われたマニは、唐突に不誠実だといわれ、仕事を辞めて帰国してくれと言い渡される。マには、滞在していたアパートも追い出され、予定の帰国日も変更することもできず、一人カンヌに残ることにした。音楽教師をしているフランス人女性クレアは、カンヌ映画祭に初めてやってきた。趣味はカメラ。それも自分が一度シャッターを切った相手はもう別人になるという自説を持つ、不思議なオーラを放つ女性だった。カンヌに来た早々、クレアは韓国人の映画監督ソ(チョン・ジニョン)と知り合う。気があった二人は、制作会社のナム社長と三人で食事をすることになった。二人をカメラに収めたクレアはカメラの自説を披露して、一人先に店を出ていく。明日は映画の公式上映だ。ナム社長は、ソ監督が自分よりずっと若いマニと火遊びをしたことをもっと責めたいところ、クールな対応をしたつもり。だが、クレアが店を出ると、したたか酔いが始めたソ監督とナム社長に男女の関係を清算したい切り出し始める。海岸沿いをぶらついていたマニは、食事を終えてふらふら歩いてきたクレアと出会う。意気投合し、マニはクレアが撮った写真を見せてもらう。そこには意外な人物が写っていた。それはソ監督とナム社長だった。ようやく理不尽な解雇の原因が分かったマニは、クレアと一緒に首を言い渡されたカフェへ向かう。一部始終を聞いたクレアはカメラを取り出し、マニに向かって同じ場所でシャッターを切った。そしてカンヌ映画祭最終日。すべての仕事を終え、映画祭期間中の事務所の備品をテキパキとパッキングしているのはマニだった。どうやら元の仕事に戻ったらしい。となると、あのクレアのカメラは本当に…。

スタッフ

[監督]ホン・サンス[脚本]ホン・サンス[撮影]イ・ジンクン[音楽]タルパラン

この作品を見た人におすすめ

夜の浜辺でひとり

それから

お嬢さん

正しい日 間違えた日

泣く男

エヴァ

ハッピーエンド

ラブストーリーズ エリナーの愛情

ラブストーリーズ コナーの涙

囚われ人 パラワン島観光客21人誘拐事件

グランドファーザー 哀しき復讐

時間離脱者

江南ブルース

国際市場で逢いましょう

モーガン夫人の秘密

グレイテスト・サマー

ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた

三人の夫

ホワイト・クロウ 伝説のダンサー

幸福なラザロ

最近チェックした作品

クレアのカメラ



PAGE TOP