お気に入りに追加

上海女子図鑑

制作年:2018年/全20話/本編時間:23分

羅海燕にとって、出世することは自分の生活の全てではなく、愛情もまたその不可欠なものの一部であった。

レンタル料金(税別)

対応デバイス

  • PC
  • スマホ

3000円/30日間

対応デバイス

  • PC
  • スマホ

200円/48時間

関連キーワード

  • 1話ずつレンタル
  • List
  • Grid

第1話  

卒業十周年記念の同窓会に参加した陳暁偉は、そこで出会ったかつての恋人であった羅海燕に、十年前タイムカプセルに一体何を書いたと質問した。 2003年、卒業したばかりの陳暁偉と羅海燕は毎日就活に忙しんでいた。ビテス社のエースにエレベーターのスペースを譲った羅海燕だったが、面接の状況は芳しくなかった。まっとうなバッグも持てなかった彼女に陳暁偉は新しいバッグを買ってあげたが、それは偽造品だと同級生に笑われた。

200円/48時間

第2話  

羅海燕と陳暁偉は、一緒にビテス社の面接に参加し、同じ組に分けられたが、それは一人だけを選ぶという仕組みであった。面接の中で、陳暁偉はすらすらと受け答えていたが、羅海燕の方はあまり自信がなかった。筆記試験で陳暁偉は、最初に羅海燕に5点を付け、後に6点と訂正したが、羅海燕は陳暁偉に満点を付けた。そして予想外にも、最終結果としては羅海燕が受かった。その結果を知って鬱々とした陳暁偉は数日間も羅海燕に連絡しなかった。

200円/48時間

第3話  

羅海燕は、同級生に連れられて会食の場に行ったが、おじさんたちのセクハラに耐えられず、言い訳して逃げ出した。彼女は陳暁偉が気に入るカフスボタンを購入し、ビテスへ行って筆記用紙を取り戻そうとした。スカーレットに、たとえ恋人でも影響されてはいけないと教えられた羅海燕は、ビテスに入社すると決めた。しかし、同期入社のケイトとエミーは、彼女より世渡り上手であった。地元の山東省に帰ると決めた陳暁偉は、羅海燕に一緒に来て欲しいと願ったが、羅海燕は思わず彼を拒否した。

200円/48時間

第4話  

部屋探しをきっかけに羅海燕は、不動産屋の陸曼ニーと知り合い、二人はルームメイトとなった。同郷と自称するデイモンは、羅海燕を昼食会に誘い、彼女にアプローチし始めた。海燕はスカーレットの指示を受けてPPTの作成に着手したが、その成果がケイトによってプレゼンされたことに海燕はショックを受けた。その直後、ケイトのパソコンにコーヒーが掛けられ、犯人だと疑われた海燕は嫌な思いをした。

200円/48時間

第5話  

ケイトと一緒に残業したことで、彼女は実に才能がある人だと羅海燕は、気づいたが、ケイトは、ただ早く金持ちと結婚して良い生活を過ごしたいだけと言った。その後、ケイトのパソコンを壊した犯人であったエミーが辞職した。 英語力の不足を自覚していた羅海燕は英語塾に入学したが、講師の楊呈遠を塾生だと間違えた。ケイトの助言を元に、海燕は英語名を決め、髪型も変えた。

200円/48時間

第6話  

外国人と喋ることで英語が上達しやすいと言うケイトに連れられて、羅海燕は、バーに通い始めた。 大雨の日、塾の休講を知らなかった海燕は教室に行き、そこで出会った楊呈遠に告白され、関係を持つようになった。会社のプロジェクトはスタジアムを予約できなかったことが原因となり、残業になりそうであったが、海燕の偶然見つけた策により、問題が解決し、みんなの前でスカーレットに褒められた。

200円/48時間

第7話  

会社の人は皆不動産購入の話題をしていた。デイモンも海燕と一緒に家庭を作ろうと暗示したが、海燕は、全く動じなかった。海燕は楊呈遠の両親と会ったが、彼の母は海燕がよそ者だと知って結婚を反対した。その後、ケイトは、海燕のためにこの面会での失敗点をまとめてあげた。海燕の仕事に対する熱意が楊呈遠の不満を買い、楊呈遠は、もっと家庭を重視するよう海燕に希望した。

200円/48時間

第8話  

デイモンは、プレゼンする最中にファイルの不備を意識したが、海燕が彼の代わりに完璧なプレゼンをこなした。楊呈遠から別れを告げられた海燕は、彼を恨んでいたが、それでも補償金としての2万元を受け取り、陸曼ニーに渡して不動産購入の予約金にした。陸曼ニーは、熱心に海燕へ彼氏を紹介したが、海燕に相手にされず、二人は大喧嘩をした。一方で、ケイトは、孫副社長との結婚で寿退社し、スカーレットは、他の会社に転職したことで、海燕は大変寂しい思いをした。

200円/48時間

第9話  

昇任した海燕は、新しい家に引っ越し、空いた時間で自分の購入した不動産の工事現場を見に行っていた。隣に住んでいた張天皓の部屋には毎晩異なる女性が来ていたため、海燕は彼に好感を持っていなかった。海燕はランニングの途中で足を捻挫して、通りかかった蔡鐘閑に助けられた。自ら手強いクライアントの対応に志願した海燕は蔡鐘閑の指導のおかげで、順調に契約を取り、さらに昇任を遂げた。

200円/48時間

第10話  

海燕は、新人モデル厳氷を選び、コンペティションでエミーが勤めていた日本系会社に勝利した。蔡鐘閑は、ブランド品のブレスレットを海燕に送り、彼女を自分の住んでいるマンションに誘った。お礼として、自分の購入したマンションの鍵を受け取った後、海燕も蔡鐘閑を自宅に誘った。 ケイトは、自分の夫の浮気を疑い、海燕を通じて相手の情報を掴んだ。そして海燕はケイトを連れて蔡を会いに行ったが、意外にも相手は妻子持ちだと発覚した。

200円/48時間

第11話  

蔡鐘閑の妻と話したことで、海燕は、身を引くと決めた。会社では海燕が金持ちに振られて、モデルの厳氷とも関係を持っているといった噂が広がっていた。デイモンは、いつまでも海燕に追いつくことができないということを意識し、転職することにした。張天皓は、失恋した海燕を慰めようとしたが、海燕は厳氷の誘いを受け、ナイトクラブへと行った。熱いダンスの中で、二人は一緒になった。

200円/48時間

第12話  

海燕の両親が突然上海に来たため、海燕は、慌てて自宅に泊まった厳氷を帰らせた。両親が来た理由は、海燕をお見合いに行かせるためであったが、海燕はすでに彼氏がいたと称した。その後、海燕は厳氷を名プロデューサーの菲菲に紹介したが、彼は海燕を裏切り、菲菲の下についた。落ち込んでバーでお酒を飲んでいた海燕は陸曼ニーからの連絡を受け、陸曼ニーも彼氏の裏切りによって全財産が巻き上げられたと知った。二人は一緒に泥酔することにした。

200円/48時間

第13話  

海燕は、曼ニーと一緒に婚活会に参加したが、曼ニーが名刺を沢山もらったのに対し、海燕は一枚ももらえなかった。ただし、婚活会の主催側の社長である白強の条件が海燕と釣り合ったため、海燕は相手の誘いを受けた。しかし、現在所有しているマンションを売って一緒に別荘を買おうという白強の提案に海燕は不快を感じた。海燕の誕生日に、張天皓は、ミニゲームを作って送った。いろいろと考えた海燕はついに白強からの求婚を拒んだ。

200円/48時間

第14話  

スカーレットは、自分の助手と一緒になり、振られた元婚約者は会社に来て大騒ぎをした。そのため、会社の上層部はスカーレットのことを不満に思い、彼女の担当していた業務を海燕に引き継がせることを考えていた。スカーレットは会社を出てからも海燕をクライアントに引き合わせていた。 張天皓は、海燕にデートの申し込みをし、「暗闇レストラン」へ連れて行った。それを通して張天皓はようやく自分の海燕に対する思いを認識できた。そして張天皓は海燕に告白したが、海燕は答えるには時間が必要だと言った。

200円/48時間

第15話  

海燕は、ギャラリーで林立と出会い、彼に強い印象を与えた。二人は交際を始め、おしゃべりの中で海燕は起業したいという気持ちを林立に吐露した。海燕は張天皓に会いに行ったが、あいにく張天皓が妊娠していた元カノと一緒にいたシーンを目撃し、ひどく誤解した。一方で、会社はビッグクライアントを失ったためデイモンをクビにしようとしていたが、海燕は自ら辞表を提出した。

200円/48時間

第16話  

海燕に別れを告げられた際に、張天皓は、自分はすでに辞職し、起業していたことを告げた。 海燕は、金持ちの奥様たちのパーティーに参加し、スカーレットの親友から、彼女が自分の面倒を見てきた理由を知った。林立は、結婚したいわけではなく、海燕にある契約を提示した。海燕が起業したいと言ったところ、彼はすぐにオフィスの見学に行かせた。そこの秘書の挑発を聞いた海燕はすぐに秘書の正体に気づいた。

200円/48時間

作品詳細

張天皓、陳暁偉、厳氷ら色とりどりの男性が彼女の世界に現れても、初心を忘れず、自分の目標に向かって突き進んでいった。事業への野心と独立心を持ち合わせている彼女は、ついに「魔都女子」へとランクアップを遂げた。

キャスト

オウ・シンジ / リ・テイビン

スタッフ

[監督]テイ・リョウ[プロデューサー]マ・ショウナン[原作]東京女子図鑑[脚本]オウ ダンチン[音楽]オウ・カ[アートディレクター]小沢秀高

この作品を見た人におすすめ

東京男子図鑑

北京女子図鑑

ライフ

最後まで愛

バッドパパ

マイ・ヒーリング・ラブ~あした輝く私へ~

マイ・ディア・ミスター ~私のおじさん~

金持ちの息子

レディの品格

最近チェックした作品

上海女子図鑑



PAGE TOP